上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.01 病院へ☆
今日もまた行ってきました

咳はしなくなりました、それはもう大丈夫なようです




今週に入ってからずっと左後ろ足を浮かせていたからです・・・

“どうせまた捻挫かなんかでしょ”

と、思って様子を見ていたんだけど、今日になってもまだ足を浮かせていて、良くもならないけど、悪くもならないといった感じで




『こっちの膝だいぶユルくなってますねぇ、このままだと簡単に外れるようになりますよ』

と、言われてしまいました




フリスビーやボール投げなど、急に体の向きを変えるような動きを繰り返しするのは、ドーベルマンなどの足の長い犬種は、膝への負担がかなり大きいのだそうです

フリスビーのように“ジャンプ”するのは向いていないかもね、と、言われのと、TRESがフリスビーに興味を持たなかったコトで、フリスビーはかなり早い段階でやらなくなっていたんですけどね・・・

ボール投げは、何度も何度もやってました




今思えば、もう少し前から調子が悪かったように思います

ドッグランで遊んでいて、左後ろ足をピョコピョコさせたかと思うと、数分後に見ると普通に走っている、というようなコトが何度かありました

すぐに普通に走っていたので、なんともないと思っていたんです




ダッシュをさせて、筋肉アップをさせようとしていたDOSの行動が、TRESを苦しめる結果になってしまうとは、ショックです

“膝蓋骨脱臼”といった病名が告げられたワケではないので、そこまで悪い状態ではないようですが

しばらくは、激しい運動は無理です

ゴメンねTRES、痛い思いをさせたくてボール遊びしたりドッグランに行ってたワケじゃないんだよ




にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chuntalo.blog94.fc2.com/tb.php/131-702116da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。