上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレーニング開始時刻の30分前に到着

いつも通り遊びに来ただけ、と思っているTRES

↓の一輪車はTRESのトレーニングの為に用意されたモノ


IMG_4341_convert_20090907151746.jpg

10:00、トレーニングスタート

とにかくしっかり“服従”させるコト、何をするにもコレが大切、今日は徹底的にコレ

自分で思っていた以上にTRESにバカにされていた・・・

そして思っていた以上に、TRESは頑固者だった・・・

指導のもとTRESをおさえる、が、何分経っても四肢の力を緩めることなく、隙あらば逃げ出そう狙っている、視線は何かを捉えて離さず、少々の物音にも飛び起きようともがく

DOSとTRESの根比べ、もちろんDOSが負けるワケにはいかない

中には2時間以上も抵抗を続けるコもいるというから、スゴイっ

1ラウンド終了・・・

TRESは極度の緊張・ストレスから、そこら中にマーキング、そして柔らかいウ○チをした

DOSが呼んでも、まったく近付いて来ない、校長先生にも、先生にも・・・



そして問題の“バッグあさり”をやめさせるトレーニング

TRESがバッグをあさる→やめさせる→服従姿勢をとらせる

の繰り返し、文字にしてしまえばたったコレだけのコト

そしてここで驚かされたのがTRESのバッグ(食べ物)への執着

校長先生も先生も、感心するほど・・・

何度か繰り返しているとTRESが本性を見せた、DOSの腕を狙って噛んだっ!!

これ、関係をしっかりさせるためにはむしろチャンス

そこから、TRESが観念するまでに何分かかったんだろう?

2ラウンド終了・・・

1ラウンド終了時とは様子が違う、マーキングもしない、みんなのそばをウロウロしている、でも微妙な距離を保っていた



TRESのバッグあさりをやめさせるべく、秘密兵器が登場

痛みに強いTRESに、痛みをもって“いけないコト”を教えるためのモノ
↑チョーク(普段から使ってる)でも、スパイクでもありません、さぁ何でしょうかねぇ

痛みを伴うトレーニングに関しては、反対意見を持っている人もいるだろうし、

トレーナーの指導もなく行うのは危険なので、詳しくは書かないコトに

3ラウンド終了・・・

明らかに変わった、気分転換のためにTRESと走ってみると、TRESの視線は常にDOSを追っていた



今日はここまでで終了

時計を見ると12:30を過ぎていた、小休憩を挟んだとはいえ2時間半も経っていたなんてっ!!



TRESの生まれもっての“性格の良さ”のおかげで、私がリーダーシップを発揮しなくても、トラブルなく生活してこれたのかも知れない

『TRESは“リーダーにならなければいけないのかな?!”と迷いやプレッシャーを感じていたのかも知れないね』

と校長先生・先生

そして続けて、

『ほら、ま~るいTRESの目が、さらにま~るくなってる』

って♪

そんな会話の中TRESは、DOS・校長先生・先生を順番に回り甘えていた

今日のトレーニングで、TRESの不安を少しでも取り除いてあげることが出来たかな?



ここから先は、DOS次第っ!!

次のトレーニングは日曜日♪

成果が見られないと落第しちゃうんだよ・・・



TRESがお世話になっているドッグラン



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
�G���������͂��Ă�������
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chuntalo.blog94.fc2.com/tb.php/272-22a6441f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。