上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRESからDOSへの誕生日プレゼント、それは留守番でした

UNO・DOSはアウトレットへ

また那須行ったのか

いえいえ、軽井沢です



UNOが秋休みのため、5連休なんてもんじゃない14連休、毎日SUNDAYの我家

だからといって、毎日ボケ~っとしてちゃダメね

今日は、TRESの4回目のトレーニング




“待て”の練習から開始。

TRESに“座れ→待て”と指示。

周りには楽しそうに遊ぶ他の犬たち、TRESのニオイをチェックしにくる犬もいます。

遊びに誘ってくる犬もいます、TRESの顔を舐めにくる犬もいます。

それでも動いてはいけません。

さらなる誘惑、トレーナーさんがおやつをばらまきます。

おやつの入ったバッグを腰に、TRESの目の前に立ったりもします。

TRES、誘惑に負けて立ち上がってしまうコトも何度か・・・。

その都度、元の場所に戻しやり直し。

でも、以前に比べれば待っていられる時間が長くなってきています。

“伏せ→待て”では、地面にばらまかれるおやつのニオイをより強烈に感じているはず。

それでも、なんとか合格ラインをクリア

今日は、UNOが指示し続けたので、DOSはやっていません。

さぁ、DOSがやっても同じ結果になっていたかどうか・・・。



続いて、“呼び戻し”の練習。

トレーナーさんが、おやつを片手に誘惑しながら遊んでいるTRESを呼び戻す。

人一倍、食べ物に執着するTRESを呼び戻す。

まずは、UNO。

1回呼んでもダメ、2回呼んでもダメ、3回呼んでも・・・。

とにかくTRESが来るまで繰り返し呼び続ける、ようやくTRESは戻って来た。

続いて、DOS。

1回呼んでもダメ、2回呼んでもダメ、3回呼んでも・・・。

何度も何度も呼んでやっとDOSのトコロへ来た。



その後は、UNOとDOSが離れた場所に立つ。

UNOがTRESと遊んでいるときに、DOSが呼ぶ。

TRESが来たら、今度はDOSがTRESと遊び、UNOが呼ぶ。

この繰り返し。

ちゃんと戻って来た事を誉められ、遊んでもらう、その手にはおやつも握りしめている。

TRESにとっては夢中になる条件、呼び戻しをする側にしてみれば酷な条件・・・。

UNOもDOSも、何度も何度も呼べば戻って来るようはになった。

他の犬との遊びに夢中になっている時も同じ。




“何度も何度も呼んでやっと戻って来る”というコト、どう感じますか?

トレーナーさん曰く、気持ちがこもっていなければ、何十回呼んでも戻ってくるコトはない。

繰り返し呼ぶことでTRESが戻って来るのではなく、呼び手の来いという気持ちを、その声から強く感じられたらTRESは戻って来る、と。

例えば、“戻って来ないかもしれないなぁ~”と諦めていては戻って来ない。

例えば、“どうして戻って来ないの?!”とヒステリックになっては戻って来ない。

感情は、全て声にあらわれてしまうというのです。

DOSの場合は、何度も何度も呼んでも振り向くことさえないTRESに苛立ってしまうんです・・・。

苛立った声で“来い”と呼ばれて、喜んで走ってくるワケないですよね。

1度呼ぶだけで確実に戻って来る日がくるまで、努力するしかないな~。

そしてそこには、やっぱり信頼関係が必要なんだよね~。



トレーニングはここまでで終了。

だけど、歯と爪のチェック

ここのトコロ、3~4日おきに爪切りをして、徐々に短くしてきたTRESの爪

ようやく、足をギュッと握るコトができるようになり、立ち姿もよくなってきている、と

これからもこの調子でいきましょ~

歯は文句無しの合格をいただきました~

歯ブラシでの歯磨きを始めた頃は、歯ブラシをオモチャにしていたTRESですが、今はもう大丈夫

気になった時には歯石取りもしています、これも全く嫌がらないのでラク

歯のケアをおこたると、歯石取りや歯を抜くために全身麻酔が必要になることくらいは知っていたけれど、歯茎が弱って歯がぐらつくことで痛みを感じ、そこから噛み癖に繋がるケースもあるというから・・・。

現状維持でいきましょ~

ついでにと、耳もチェック

これも合格、ついこの間まで奥の方が真っ黒グジョグジョだった右耳もキレイになりました

さらについでにと、肛門腺チェック

実は“大型犬は自分で絞る”というのを鵜呑みにしていて、1度もしてあげたコトがないんです

チェックしようとすると、TRESは異常なほどに嫌がりました

無理矢理トレーナーさんがチェック、『“枝豆”くらいの大きさだね、絞ってあげなきゃ』と

しかしですね、拒む様子は暴れ馬のごとく・・・でして

お尻の穴をシッポでピターっと塞いでしまうし

結局出来ませんでした、〈お尻を触らせるようにする〉という宿題が出されました

こちらは、トレーニングだけじゃなくて、お手入れのコトも指導してくれるのです、もうコレは“犬の学校”です


↓今日は、実家犬COLTも一緒にランへ
IMG_4815_convert_20090927225629.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
�G���������͂��Ă�������
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chuntalo.blog94.fc2.com/tb.php/290-c77cac0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。