上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなこんながあったTRES

2度の手術を経て、傷口がしっかりと塞がるのを待つばかり

とはいかず・・・




最初の手術のあと、浮腫があったことで追加された薬にプレロン 5mgがありまして・・・ステロイド

「食欲が増したり、水を飲む量が増えるかも知れませんが~」

なんて先生に言われ、“ふーん”と思っていた



確かに、水を飲む回数は増え、飲む水の量はいつもの倍なんてもんじゃない⛲️

気温が一気に上がったことも手伝っているのか⁉️




薬を飲み始めて2日が経った27日の深夜、なんとなく目を覚ました私がTRESに目をやると、シーツがビッショリ💦

傷口舐めた❓いや、ムーンカラーしてるしっ‼️

電気をつけてみると、うっすらと黄色、シーツが薄緑だからわかりにくいけど、間違いなくオシッコ

1回分バッチリといった感じ、ところがTRESは私と一瞬目が合ったけど、再び眠りについてしまった

多分、自分がオシッコをしてしまったことに気付いてない




次は29日の深夜

また漏らした、前回よりは量が少ないけど、その時もTRESは寝たままの体勢で、またしても自覚はない様子

片付けるために、眠っているTRESを無理矢理起こすと、そのままトイレに行き大量にオシッコをした・・・



これ以上ベッドでの粗相はたまらない、ということで防水シーツを買ってきて、フツーの布団+防水シーツで寝ることに💤

そして30日にも、漏らす→無理矢理起こす→トイレでオシッコ



31日の夜で、処方された薬を飲み終えた💊

そして、日付が変わった1日の朝方にまた漏らした・・・




7日間薬を飲み、4回の失敗

“自覚がない”というところに私はショックを受けまして・・・

トイレではない場所でオシッコをしてしまう、ということは過去に何度もあったけど

いわゆる“おねしょ”ですからね、コレ

薬のせい“だけ”だったらいいんだけど・・・

多飲=多尿、でも寝ながらオシッコしちゃうなんて思いもしなかった

間違いなく、もうすぐ8歳というのが大きく関係してますよねぇー

“全身麻酔のリスク”ばかりを気にしていたけれど、歳を重ねると多方面に心配が及ぶということがよーくわかりました

手術のための日帰り入院して、抜糸した日に傷口が開いて深夜診療を受け、翌日にはまたまた手術、そしたら今度はお漏らしして・・・

こんなにTRESのコトばかり考えながら日々過ごしたのは、久しぶりだなぁ



↓散歩のときはムーンカラーを保冷剤にチェンジ

・・・薬は終わったけど、もうしばらくベッドは封印しよ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。