上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうして、自分たちが望んで迎えたかわいいワンコを捨てることができるんだろ・・・

自分たちで育てることができなくなったとしても、

自分たちで次の家族を捜してあげることくらいできると思うんだけど・・・



『市外ですが、推定3歳のドーベルマンの男の子が保健所で保護されているんです・・・』

このコ、断尾・断耳済みで、お座り・伏せ・待てなんかは一通りできて、とても人なつこいそうです。

山の中に捨てられていて、保護されてからすでに2週間が経過しているそうです。

なんとか新しい家族を見つけてあげたいと、相談されましたが・・・。



正直、今のこの家にTRESよりも年上のワンコを迎える自信がありません

TRESだけでも大変な部分がたくさんあるのに、2匹のドーベルマンを今すぐに育てる自信がありません

将来的にまたワンコを迎えるつもりなんだから、悲しい思いをしているワンコを今迎えてもかわらないんじゃないか、とも思うけれど、やっぱり自信がありません



知り合いに話してみますが、『・・・ドーベルマン・・・、TRESを見てイメージは変わったけど・・・』と

確かにそうですよね、『じゃあウチで』なんて簡単に言えるワケないですよね

ドーベルマンという犬種を理解してくれているからこそ、そう簡単に返事できないですよね

運動量、居住スペース、しつけ・・・



ドーベルマンに限らず、大型犬はなかなか新しい家族が見つからない・・・

そんな悲しい思いをしているワンコを救ってあげることができない自分・・・



今の私にできること、それはTRESを大切にすることだけ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chuntalo.blog94.fc2.com/tb.php/75-b2db3169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。